麻の力(人間の力を蘇らせる)

大麻(おおあさ)の歴史

 

『麻と日本』

 

神道においては大麻(おおあさ)は罪穢れを祓うものとされています。
そして、伊勢神宮のお札のことを「神宮大麻」と言い、大麻(おおあさ)とは天照大神(あまてらすおおみかみ)の御印とされています。
このように大麻草は精神的にも物質的にも、日本人のシンボルともいえる植物であり、桜が日本の国花とするならば、大麻草は日本の国草であるといって良いのです。
大麻(おおあさ)とは健康・美容効果のあるハーブであり、その油は車の燃料にもなり、繊維は耐久性の高い紙や衣類や、建材や、土に還元するバイオプラスチックの原料にもなります。
かつて大麻は天皇一族にとって、とても重要な植物でした。
それは、強い生命力は魂の象徴であり、神の依り代と見られていたからです。
大麻(おおあさ)が神の依り代とされている神話の一つに、「天照大神の天岩戸隠れ」があります。
ある日、素盞鳴尊(スサノオウノミコト)が暴れ回ったために、怒った天照大神は天岩戸に隠れてしまう。すると、世界中が真っ暗闇になってしまった。
困った神々は、天照大神の気を引こうと、岩戸の前で詔を唱えたり、踊りを踊ったりしました。
その中の一神に、忌部氏の祖である天太玉命(あまのふとだまのみこと)がいました。
天太玉命は、天照大神の気を引くために、大麻の先にいくつもの勾玉を綺麗に飾り付けて捧げ持っていた。岩戸の前に集まっていた神々によるパフォーマンスが最高潮に達し、まさに岩戸が開かれようとしたその時、天太玉命が捧げもっていた大麻の先に、一羽の鳥が舞い降りました。
神々は、これを吉兆と見て大変喜びました。
そして、この鳥は天日鷲命(あめのひわしのみこと)という神となったと言われます。
大麻(おおあさ)が神道で神の象徴であるという例の一つに、伊勢神宮のお札があります。
このお札は「神宮大麻」という名でその昔は大麻草が使用されていました。
大正時代には、「大麻(おおあさ)は之を仰ぎ崇敬の念を致すべき御神徳の標章」であるとされています。また、家庭においても大麻(おおあさ)を、朝夕家族で拝むことは、子供たちの教育上も多大な効果があるとしていました。
神道における大麻(おおあさ)の使用は、その美しい繊維の束を棒の先にくくりつけ、参拝する者の頭上や特定の場所などの穢れを祓う大麻(おおぬさ)や御幣(ごへい)であったり、聖域を囲む結界のための麻紐であったり、注連縄や神殿に吊るしてある鈴の縄として、現在も使用されています。
神道では、「清浄」を重視しており、大麻(おおあさ)は穢れを拭い去る力を持つ繊維とさ1948年にアメリカの占領政策によって大麻取締法が制定されるまでは、日本では大麻(おおあさ)の成分を抽出した薬が喘息やアレルギー、痛み止めなどに効く漢方薬として市販されていました。
近年、大麻(おおあさ)の薬効は、世界的なレベルでにわかに脚光を浴びてきています。大麻(おおあさ)は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)やADD(注意欠陥障害)、ADHD(注意欠陥行動障害)といった精神傷害や、緑内障、喘息、ガン患者の緩和ケアなど様々な医療分野での活用も期待されています。
ところが現在の日本では、大麻取締法により、大麻の成分を医療目的であっても使用・輸入・所持することは禁止されています。
不思議な話です。

 

 

 

麻の魅力とファッションYahoo shop店 開店しました

 

 

 

日本古来の糸魚川の翡翠(ヒスイ)の力については
翡翠(ヒスイ)の魔力と魅力をご参照ください。

横綱と大麻

大麻は、日本人にとって神聖な作物であるが故に、神社では伊勢神宮のお札、神社のしめ縄、横綱の綱などにはかならず大麻を使用しています。
横綱(よこづな)は、大相撲の力士の格付け(番付)における最高位の称号である。語源的には、横綱だけが腰に締めることを許されている白麻製の綱の名称に由来する。
すなわち、大麻で作られた綱を締めることができる最高の位のことを横綱というのです。

 

 
第69代横綱 白鵬の横綱 (大麻製)

 

 

 

麻の魅力とファッションYahoo shop店 開店しました

 

 

 

 

『麻と古代エジプト』

エジプト・紀元前1万年ごろの大麻が既に麻が栽培され、BC5千年には衣料に用いられています。
麻は古代エジプトおよびチグリス・ユーフラテス川の流域などで栽培され、ロープや衣服の他に、広く使われていました。人類最古の繊維と言われております。
エジプトのミイラにみるように、人間がはじめて織物の素材に用いたと言われる繊維でもあり、3000以上年経てなお風化しないほど大変な耐久力を持っております。
この強さが麻の最大の特徴と言えるでしょう。水分に強く吸湿性と放湿性が適度にありベトついたり、むれたりしないのでさらっとした肌触りでが好まれています
またイエス・キリストの遺体を覆った「聖骸布」も天然素材の麻であることが聖書に記されています。現代においても、ヒンドゥー教徒はガンジス川へ遺骸を流す場合には天然の亜麻を用います。
BC2千年にはエジプト王の墓に麻栽培についての壁画もあり、また、麻製のカラシリス(巻衣)が「神に許された」ものとして、神官の衣服や神事に用いられ、一般の衣服にも使われていたことが、古い文献から明らかになっています。
エジプトのミイラが麻の強力な強さを生かし、麻布で包まれていることも確認されています。
日本では、飛鳥・奈良時代に、衣料として愛用されていたことが日本書紀等にも記されています。
中国では1500年以上前からの漢方薬として使われてきた。特に痛み止め、胃腸病、皮膚病、などにの漢方薬として使われていたらしい。このように大麻は副作用の少ない安全な薬として、世界中で大昔から生活のなかで利用されてきました。

 

 

 

 

麻の魅力とファッションYahoo shop店 開店しました

 

 

日本古来の糸魚川の翡翠(ヒスイ)の力については
翡翠(ヒスイ)の魔力と魅力をご参照ください。