君が代の正しい詠み方

「君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」

 

2000年前からある言葉です。

 

だから、戦争とか軍国主義とは全く関係ありません。

 

君が代が最初にでてくるのが万葉集です。

 

次に1300年前に聖徳太子が編集したとされる「旧事本記大成経」のなかの「詠歌本記」という中にでてきます。

 

しかも誰が詠んだか分からない詠み人知らずの歌です。

 

はっきりしていることは、この時代の「君」は「YOU」、二人称であって今騒いでる天皇陛下のことではありません。今の時代、乾杯でもするときに「あなたのお幸せを・・」という意味です。

 

また「お帰りになりましたらご主人様によろしゅう・・・」「お帰りになりましたら奥様によろしゅう・・・」というご主人様、奥様と言う意味。

 

実は家族をも含まれたご主人様によろしゅうと言うことなのです。このご主人様によろしゅうというのが天皇陛下によろしゅうと家族社会であるがゆえに発展しただけのことであって、決して君が代が天皇陛下そのものを指すものではありません。

 

それでは天皇陛下を指す場合、なんていうかというと「大君」というのです。
はっきりと区別されているのです。

 

国民がひとりひとり千代にわたるまで、そして永遠に一人一人役割を果たして、巌となりて、大きな力となって、祖の大きな力を苔のむすまで頑張りましょうと言うなんと世界一の平和な歌なんですね。

 

どこの国でも国家が斉唱されれば、「気をつけ」をするのが当然。あの民主主義のアメリカでさえも敬礼するのです。

 

日本の子供たちは、この歌をお相撲の歌、オリンピックで勝ったときの歌としか認識していない子が増えているみたいです。その子どもたちが大人になって、国会議員や閣僚をやっているから話になりません。これは教育の責任ですが、すべて彼らが悪いわけではありません。

 

戦後、日本は外国の学問や哲学を勉強するのに集中し、「日本のこと」を学習するのをしばらく忘れていたと考えるべきです。五濁(ごじょく)のなかの劫濁(こうじょく)と見濁(けんじょく)にあたります。すなわち時代の汚れと、思想の汚れなのです。

 

 

 

麻の魅力とファッションYahoo shop店 開店しました