エジプトのと麻

麻は古代エジプトおよびチグリス・ユーフラテス川の流域などで栽培され、ロープや衣服の他に、広く使われていました。人類最古の繊維と言われております。紀元前1万年ぐらいの話です。
エジプトのミイラにみるように、人間がはじめて織物の素材に用いたと言われる繊維でもあり、3000以上年経てなお風化しないほど大変な耐久力を持っております。
この強さが麻の最大の特徴と言えるでしょう。水分に強く吸湿性と放湿性が適度にありベトついたり、むれたりしないのでさらっとした肌触りでが好まれています
またイエス・キリストの遺体を覆った「聖骸布」も天然素材の麻であることが聖書に記されています。現代においても、ヒンドゥー教徒はガンジス川へ遺骸を流す場合には天然の亜麻を用います。
BC2千年にはエジプト王の墓に麻栽培についての壁画もあり、また、麻製のカラシリス(巻衣)が「神に許された」ものとして、神官の衣服や神事に用いられ、一般の衣服にも使われていたことが、古い文献から明らかになっています。
エジプトのミイラが麻の強力な強さを生かし、麻布で包まれていることも確認されています。

 

 

麻の魅力とファッションYahoo shop店 開店しました

エジプトの旅

エジプトのたびは紀元前3500年へのタイムスリップです。
世界最古の屈折ピラミッド・赤ピラミッド・階段ピラミッド・ギザのクフ王・カフラー王・メンカフラー王のすべてのピラミッドへ行って来ました。
まずジョセル王がイムヘテプに造らせた階段ピラミッドへ行く。イムホテップ? そうですあの全米で大ヒットした映画『ハムナプトラ・失われた砂漠の都』の舞台です。
あの映画スコーピオン・キング(5000年以上前のファラオ)が眠るピラミッドかもしれません。
映画『ハムナプトラ』ではイムヘテプは悪魔です。・・・。実はエジプトでは英雄です。
なにしろ人類で最初にピラミッドを創った人ですから。けっして悪魔ではありません。
当然、エジプトでは、映画『ハムナプトラ』は放映禁止です。
だからエジプト人は映画の存在を知りません。
次はエジプト最大のクフ王のピラミッドです。POLICEにチップを渡し、すべてのピラミッドの中に入ってきました。 えっ!   神秘体験もしてしまいました。(〇o〇;) !!(○∇○) ドキッ 

 

パピルス絵画を買ってきました。
実は町でたくさん売っているパピルスの99%は、ニセモノです。はい! 全部ニセモノです。ほとんどがサトウキビでできていたり、ひどいものは、食べ残しのバナナの皮でできています。本物を探すのに苦労しました。
話は変わりますが、みなさん覚えてますか?  84年 ロス五輪で、柔道の金メダリストの山下泰裕選手が決勝戦で左足だけで戦った相手・・・エジプトのラシュワン選手です。
ケガの山下選手の右足を狙わなかったということで、世界フェアプレイ賞に輝いたのです。そのラシュワン選手がなんと本物のパピルス店を経営していました。
ラッキーでした。本物のパピルス絵画はエジプトでもかなり高価なものです。半日、この店に入り浸り、数十点の本物のパピルス絵画を買って来ました。とても美しいものです。3000年ほど保存ができるようです。

 

エジプトの現状・・・・現在はイスラム教国

 

           所得月額4000円ほど

 

           公務員・・・一日の労働時間が7分・・・チップで生活

 

カイロに信号があるが、信号を守る人はゼロ人
基本的に親日である。
しかし、日本人に物を売る場合は金額は、40倍  韓国人20倍  中国人10倍
女性は難しい。トイレはカンの水で左手で拭く。
治安は宗教で統一。
仕事中でもへっちゃらでアラーの神にお祈りする。
終わるまで待つしかない。

 

おでこにぼっチリがある人を見つけ、話をする。かなり熱心なイスラム教の信者の証拠。

 

エジプトの歴史

 

紀元前4000年から正確には5世紀(イスラム支配)まで。その後はエジプトでない。

 

最初の(ファラオ)王・・・ナルメル

 

ジョセル王・・・・階段ピラミッドこれまで北斗七星信仰。イムへテプ太陽信仰を教える。
         最初のピラミッドを作る。ジョセルの前の王ナルメルの中にスコーピオンキングがいる。

 

イムへテプ・・・・シュメール人説・日本人説(ごく少数派)・シュメール日本人説

 

クフ王・カフラー王のピラミッド・・・・1つのピラミッドで何10トンの石を230万枚。

 

この石を1時間に260個1ミリ単位でセットし、10時間労働でちょうど20年かかる。現在の技術では無理。
ナポレオンがほれ込み、エジプトをわがものにしようと考古学者170人を何年も動員し博物館を建設し、パピルスにかかれた古文書をひとつにまとめる。イギリスに敗れ、ローマの力によって博物館もろとも焼かれる。だからほとんどの資料は遺跡をもとに研究が現在進行形。

 

ツタンカーメン
20世紀最大の発見・・・・ハワードカーターが王家の谷にて1890年より32年間飲まず食わずで1922年に発見。