酵素不足は毎日酵素

酵素不足の信号

1. 疲れやすい。
2. 腰痛や肩こりがひどい。
3. 風邪をよくひくようになつた。
4. 便秘になる。
5. よく下痢をする。
6. 時々、吐き気、胃の痛みがある。
7. 体が冷える。
8. 体重が増える。
9. 時々手足に痺れを感じる。
10. 爽快感がない。憂鬱である。
11. イライラする。
12. げっぷが良く出る。
13. 不眠に悩まされる。
14. 肩こりによる頭痛が多い。
15. 頭髪が薄くなる。
16. シワが目立ってきた。

17. 時々めまいがする。
18. 手や足がむくむ。
19. 風邪でもないのにせきが良く出る。
20. 皮膚炎が起こりやすい。
などがあります。

 

人間、年をとればこのような症状はあたりまえに起こりますが、年だけのせいにしてはいけません。すこし、体をいたわってみてください。
老化の変化は、そんなに速いスピードで進みません。少しずつ変化しているものです。
このような自覚症状が3つ以上あれば、まずは酵素不足を考えてみてください。
酵素は若い時には体内で作られていきますが、年齢が重なるにつれて自力では生成しにくくなるようです。老化とは酵素(エンザイム)が作られない体になってから一挙に進みます。毎日、食べ物から酵素(エンザイム)を摂取するようにしたいものです。