酵素不足

酵素が教える長生きの秘訣

健康のカギは、酵素(エンザイム)の体内保有量だといわれています。
酵素の体内の保有量が多ければ、体内の免疫力、毒素などの解毒作用が強化され、毎日の新陳代謝も正常に行われます。
だからあらゆる病気を防ぐことかが出来るのです。
すなわち、病気や体の異常は、元を正せば酵素(エンザイム)の不足だと考えていいと思います。
最近体調が悪い、寝起きが悪い、ふらふらする、風邪をひきやすい、元気がなかなかでない、仕事に集中できない、などがある場合は、酵素(エンザイム)の不足が考えられます。
病気にならない生き方を実践するには酵素(エンザイム)を抜きに考えられないと言ってよいでしょう。
「年だから」とか「働きすぎ」とか、「このところ忙しいから」とかは、本来あまりからだの異常と関係ありません。それは酵素(エンザイム)の不足から来るものであって年のせいではありません。酵素(エンザイム)が満たされていると逆に何倍も仕事をすることができますし、「忙しい」を好むような精神状態になります。
年をとるとは、言い換えれば「酵素(エンザイム)の不足」と言えるのです。