手作り時計通販

時計の歴史

エジプトでオベリスクという石碑の影を使った「日時計」がはじまり。
メソポタミアでイムフォテップの墓から「水時計」が発見避される。
カルデア人が「日時計」を広める。
日本でも天智天皇の時代に水時計の使用が日本書紀に記載されている。
機械時計の最初は中国の唐の時代に歯車を使ったのが最初である。
13世紀にヨーロッパで機械時計が開発される。
14世紀にフランスでかなり精密な天文時計が開発される。
同じ頃、イタリアでゼンマイによる時計が開発される。
15世紀にドイツで懐中時計が開発される。
15世紀半ば、ザビエルが日本に機械時計を献上品として持ち込む。
16世紀、ガリレオの発明により、振り子の原理の時計が生まれる。
17世紀、水晶の使用により、秒針が発明される。
18世紀、スイスが時計の製造の中心になっていく。
20世紀初め、電気時計がアメリカで開発される。クォーツ時計へと発展する。
昭和30年代に電気式腕時計が開発される。
クォーツ化が日本の時計工業を発展させる。スイスと肩を並べる。

 

 

 

 

作品一覧