手作り時計通販

腕時計の歴史

主に男性の時計の主流は懐中時計であった。腕時計は、もともと女性用の装身具であった。
ネックレスや指輪やブレスレットの代わりのようなもので時計としての精度はあまりよくなかったといわれています。
紳士用腕時計としては、フランスのカルティエ社が開発したものであったが、飛行船の操縦者のために製造されたと言われている。
その後、世界中の話題になり、大きく市販されるようになった。

 

また、第一次世界大戦は軍人の道具として、時計として大きく、世界中に発展する、基となり少しずつ懐中時計が姿を消していった。
いずれにしても腕時計が誕生したのは,19世紀後半のことで、歴史は極めて浅い。
だから、腕時計は、懐中時計の携帯用時計の役割を果たす歴史と、もともと女性がファッションのために装着しだした歴史と、二通りの進化と遂げてきた特殊な製品と言えるかもしれない。

 

その後、「サントス」などに代表されるカルティエの製品製品などは、より高いファッション性へと進化し、、ROREXなどに代表される腕時計は、懐中時計から進化した極めて精密性を重視した製品とも考えられる。

 

 

 

 

作品一覧